2018年09月16日

アムロ引退前日 子規庵を訪ね笹乃雪で昼食

 歌手の安室奈美恵さんが引退する前日の2018年9月15日、安室さんの出身地沖縄では、最後のライブがありました。

 チケット総数は約3500枚ということですが、チケットが手に入らなかった人たちが、会場となった宜野湾市の沖縄コンベンションセンターの外にも大勢集まりました。

 会場から漏れ聞こえる歌声を聞こうと集まった人たちです。

 安室奈美恵さんの活躍が、人々の沖縄を見る目を変えたと私も思います。

 沖縄出身で本土に暮らす年配の方の話を聞くと、沖縄出身ということでいわれのない差別を受けた、という話も出てきます。

 それが、少し若い世代になってくると、「沖縄出身と話すと、『わあ、うらやましい』と言われることもあって、沖縄出身ということが誇らしく思えるようになった。」とも聞きます。

 安室奈美恵さんが沖縄の地位を向上させてくれた、と。

 そういう点でも、今年5月に、安室奈美恵さんに翁長前知事から県民栄誉賞が贈られたというのは、もっともだという感じがします。

 朝日新聞では、4面にわたって「安室奈美恵916運動」の全面広告が載りました。

 朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A‐port」を活用して作られた広告で、見た時に「わあー」と思いました。

 ファンの名前が連ねられる中に、「夢は語るモンじゃない、叶えるもの!」「いつか笑って話せる日がくると、教えてくれた」「ブレない生き方は憧れでした」などの、ファンから寄せられた言葉が並びました。


子規庵 入口.JPG
 子規庵


 さて、沖縄がそのような熱狂に包まれていた同じ日、私は東京根岸の子規庵を尋ねました。

 子規庵では、9月1日から第18回特別展示が始まっています。

 さきごろニュースや新聞などでも報道された、新出資料の「明治30年 『丁酉遺珠』『福引』参加者」も展示されています。

 その句「新年や昔より窮す猶窮す」については、前回の記事で触れました。

 資料保護の観点から、室内での写真撮影は許可されていませんでした。

 子規も目にしたであろう庭のへちまや鶏頭もありました。

 病気のため子規が膝を立てて座るので、膝の部分をくりぬいたという子規用の机もありました。

 子規庵を出ると、時間はまもなく正午、昼食は正岡子規や夏目漱石も訪れたという、豆腐料理のお店「笹乃雪」に行きました。

 子規庵のすぐそばにあるのです。

笹乃雪 店先 .JPG
 笹乃雪


 朝顔御前を注文し、あんかけ豆富、胡麻豆富などの豆腐料理を堪能しました。

 ぜいたくしてしまいましたが、子規庵を訪れた日に「笹乃雪」も、ということでいい記念になりました。

笹乃雪 料理.JPG
 笹乃雪の生盛膾(いけもりなます)


 子規にはこの「笹乃雪」を詠んだ句もあります。


 水無月や根岸涼しき笹乃雪(正岡子規)


 安室奈美恵さんがラストライブを開き沖縄が熱狂していたその日に、私は根岸で正岡子規に思いを馳せていました。


 アムロ去る我は子規庵笹乃雪(登)


 おそまつ。



子規の庵 のぼうる 箱.JPG
 子規の庵 のぼうる

子規庵で買ったお土産のお菓子「子規の庵 のぼうる」。

「登(のぼうる)」としては、買っておかなくっちゃね。


笹乃雪のホームページはこちら→笹乃雪

笹乃雪 ウィキペディアはこちら→笹乃雪 ウィキペディア





posted by 青山登 at 12:13| Comment(0) | ギャグ・ユーモア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする