2019年08月07日

第101回全国高校野球選手権大会 履正社が霞ヶ浦に勝利

 第101回全国高校野球選手権大会の大会第2日、履正社(大阪)が霞ヶ浦(茨城)に勝利しました。

 大阪代表の履正社はさすがに強い。

 この試合履正社は5本のホームランを放ちました。

 1試合5本塁打は大会タイ記録とのことです。

 1番打者の桃谷君、4番打者の井上君は意外ではないかもしれませんが、7番打者の西川君、8番打者の野上君もホームラン。

 しかし、彼らのスイングを見ていると、8番打者がホームランを打っても少しも不思議ではありません。

 それほど打力のある選手がそろっています。

 この試合、私が注目したのは、履正社の5点め、10点めの取り方です。

 昨日の八戸光星でもそうでしたが、履正社の岡田監督も丁寧に点差を広げていこうとしていました。

 無死一塁からの送りバント。

 当たり前の攻撃といえばそうかもしれませんが、最近は全体にバントが少なくなりましたので、注目するのです。

 バントが少なくなった分、バントが全体的に下手になってきた感じもするのですが、八戸光星も履正社もバント練習をきちんとしてきた印象でした。

 強打者がそろっている履正社でも3番打者に送らせて4番で返す。

 夏の甲子園、4点差が決してセーフティーリードではないことを熟知し、試合の流れを大事にするベテランの監督らしい勝ち方だったように思います。

 霞ヶ浦の高橋監督の談話に、初回の2本のホームランで動揺してしまったようだという話がありました。

 「動揺」、これも高校野球のキーワードだと私は考えています。

 いかに動揺しないチームを作るか、いかに相手を動揺させるか。

 これも当たり前と言えば当たり前ですけれど。

 履正社は今日の第二試合の勝者と大会第8日に対戦予定です。

 静岡と津田学園(三重)の勝者です。

 この試合、私は津田学園(三重)に軍配と予想しています。

 ですので、履正社(大阪)対津田学園(三重)という予想です。

 そして、Eゾーンで勝ち残るのは、この履正社と津田学園の勝者と予想しています。

 津田学園が履正社にも勝つ、というのが私の予想。

 今日の履正社の試合を見て、予想を変えようかなという気も少し出てきましたが変えません。

 津田学園はまだ静岡に勝っていませんが、この「子規と四季」では思い切って好き勝手に予想していきたいと思っています。

 Eゾーンを勝ち残るのは津田学園。これはちょっと思い切った予想です。
posted by 青山登 at 10:56| Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。