2020年04月21日

新型コロナウイルスの影響で高校野球春季大会中止

新型コロナウイルスの影響で休校要請が広がり、春の甲子園、センバツ大会が中止されてしまいました。

戦争以外でセンバツが中止されたのは初とのこと、前代未聞です。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月20日に青森県の春季県大会が中止され、全国9地区の地区大会すべてと46の都道府県大会が開幕前に取りやめとなりました。

唯一沖縄県大会だけが、途中まで無観客試合で実施したものの、準決勝以降は打ち切りとなりました。

広島新庄高校を広島県有数の強豪校に育て上げた迫田守昭監督勇退のニュースもありました。

夏の甲子園、選手権大会はまだ中止とはなっていませんが、延期も検討されているようですし、感染拡大が収まらなければ、中止もありえなくはありません。

現在の高校3年生の野球部員にとっては、大変悲しい事態ですが、多くの人の命がかかっている状況ですので、無理やりでも開催しろとは言えません。

 「春風や身をすりよせて一つ傘」

北九州市は、新型コロナウイルスが中国各地で広がっていた2月初旬に、友好提携を結んでいる大連市にマスク260枚と防護服70セットを送っていました。

そのお返しとして、3月27日に大連市からマスク20万枚が無償提供されました。

その段ボール箱に添えられていたのがさきの「春風や身をすりよせて一つ傘」という句です。

夏目漱石の句だそうです。

「正岡子規の『人に貸して我に傘なし春の雨』という俳句に、漱石が宛てた返句だ」という情報もあったようですが、専門家はそれを否定しているようです。

いずれにせよ、コロナウイルスの感染拡大が早く収束してくれるのを願うばかりです。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください。

「子規と四季」トップページへ
posted by 青山登 at 15:50| Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。