2009年01月25日

「41歳寿命説」と「ゴト師」

 1990年7月に西丸震哉さんの『41歳寿命説 死神が快楽社会を抱きしめ出した』(センチュリープレス)が出版されました。

 当時20代だった私にとって、「死」はまだ切実な問題ではありませんでした。ただ日本社会を見て感じていたことを、西丸さんがズバリと指摘してくれているようで、すごく納得したことを覚えています。

 埋火(うずみび)の夢やはかなき事許(ばか)り(子規)

 明治26年の句です。「埋火(うずみび)」というのは、灰に埋めた炭火のことです。冬の季語です。

 人間の夢、命、そのはかなさと、灰の中にある今にも消え入りそうな火が重なり合うようです。
 「41歳寿命説」から18年。父が亡くなり、同僚が亡くなり、高校や大学の友人が亡くなり、年下の知人が亡くなり、多くの人が逝きました。でも考えてみれば、自分にも3人の子が授かり、近所にもたくさんの子どもたちが生まれています。

 『方丈記』で鴨長明が言うように、「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。流れに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかとまたかくのごとし」です。

 きちんとした統計を調べたりしてはいませんが、本土よりも早く食の欧米化が進んだ沖縄では、特に男性の短命化が進んでいるのではないでしょうか。

 子規は病気で苦しみましたし、病床の印象が強いですから、暗いイメージかもしれません。しかし、もともと暗かったわけではありません。いや、むしろ病床でも明るかったといっていいかもしれません。

 世間の憂さを晴らそうと「パチンコに走る」、いやいや「パチンコを楽しむ」人も少なくありません。「夢屋」「マルハン」「ダイナム」など、シックなつくりの大型パチンコ店が増えてきました。店員の目を盗んで、不正に機械を操作して大量の球を出す「ゴト師」というのがパチンコ店の敵のようです。

 盗み見のゆめやパチンコ「ゴト」ばかり(登)

 おそまつ。
 
 決して「パチンコ夢屋」さんにゴト師がたくさん来ているということではありません。言葉遊びです。お許しください。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください。


(トップページへ)
posted by 青山登 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

僧赤く神主白し国の春

 僧赤く神主白し国の春(子規)

 僧侶は酒に酔って赤い顔。神主は青ざめたような白い顔。いやちがうな。「国の春」なのだから、「青ざめたような白い顔」はいけませんね。

 僧は仏教を、神主は神道を象徴しているのかな。赤は危険信号か? 白は白旗か? いやちがうな。

 新年の句で、赤と白というめでたい色の組み合わせだから、赤い衣装と白い衣装と考えたらいいでしょうか。そういえば、神主は白い衣装を着ている気がします。お葬式で見かける僧侶は、紫や赤や黄の派手な原色系の袈裟を着ている印象があります。(紫の袈裟は、江戸時代までは天皇の勅許が必要であったそうです。)その衣装の赤と白の組み合わせで、「めでたい」気分を感じているのでしょうか。

 12月31日の「去年今年貫く棒の如きもの」でも触れましたが、俳句の方面で子規の弟子といえば、まず高浜虚子と河東碧梧桐です。碧梧桐の有名な句に

 赤い椿白い椿と落ちにけり(碧梧桐)

というのがあります。碧梧桐は五七五の定型にこだわらない自由律の俳句に向かいますから、この句も六七五となっています。(ただの字余りか。)子規の唱えた「写生」を意識しているかのような色鮮やかなイメージの句です。

 パチンコ台に「華麗なる小林幸子の世界」というのがあります。その中に小林幸子のヒット曲「雪椿」が流れるリーチがあって、そこに出てくるのは多くは赤い椿ですが、それが白い椿だと大当たりの可能性大のチャンスです。このパチンコ台を知らない人には全然分からないですよね。

 椿の多くは赤色で、春の季語です。寒椿は冬とか1月の季語のようです。

 雪椿白ならラッキーチャンス大(登)

 おそまつ。

 今日は1月7日、七草がゆについても一言ふれておかないといけませんね。「子規と四季」ですから。

 菜は緑コメは白くて七草がゆ(登)

 おそまつ。

人気ブログランキングへ

(トップページへ)
posted by 青山登 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする