2009年09月23日

山会と『吾輩は猫である』

 正岡子規の「山会」というのを初めて知りました。

 「山会」というのは、正岡子規が主宰した散文研究の会で、その名前は「文学には山がなくてはダメだ」と子規が主張したことに由来します。

 子規の死後も、根岸の子規庵で高浜虚子や河東碧梧桐らが参加していたようです。

 これらのことを、「プレジデントファミリー」(2009年11月号、プレジデント社)の「歴史の遊び場ガイド――熊本県・夏目漱石を旅する」という記事で知りました。

 記事では、高浜虚子が漱石の書いた『吾輩は猫である』の原稿を持って「山会」に出席し、朗読したところ好評だったため、子規が創刊した「ホトトギス」に掲載することになったという経緯を紹介しています。

↓↓↓ 子規の好物 「柿」ならコレ いかが。
柿珠玉 かきしゅぎょく 8個入り
icon

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください。

「子規と四季」トップページへ

posted by 青山登 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

子規忌、糸瓜忌、獺祭忌

 9月19日は、正岡子規の忌日「子規忌」でした。

 正岡子規の忌日は「糸瓜忌(へちまき)」とも「獺祭忌(だっさいき)」とも言います。

 「糸瓜忌」というのは、子規の死の前日に詠まれたいわゆる「絶筆三句」によります。

 その三句は、

 糸瓜咲て痰のつまりし仏かな(正岡子規)
 痰一斗糸瓜の水も間にあはず(正岡子規)
 をとゝひのへちまの水も取らざりき(正岡子規)


です。

 「獺祭忌」というのは、子規の号の一つ「獺祭書屋主人(だっさいしょおくしゅじん)」によります。「獺祭」という言葉は、「獺(かわうそ)魚を祭る」という言葉からきています。

 かわうそは、捕った魚を川岸に並べる習性があることから、書物を多くひもとき、座右に並べて詩文を作ることを「獺祭」というのだそうです。

 短歌革新、俳句革新で知られる子規ですが、野球好きの子規、柿好きで大食いの子規、いろいろな顔があります。

 号もたくさんあります。

 「子規忌」「糸瓜忌」「獺祭忌」という忌日の名前からも、子規の多くの顔を思います。

 顔多し 子規忌 糸瓜忌 獺祭忌(登)

 おそまつ。

↓↓↓ 子規の好物 「柿」ならコレ いかが。
柿珠玉 かきしゅぎょく 8個入り
icon

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください。

「子規と四季」トップページへ
posted by 青山登 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

子規忌は9月19日

 子規忌まであと2週間ほどになりました。

 9月19日は、明治時代に短歌、俳句の革新をした正岡子規の忌日です。

 このブログは、NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」が今秋から放映されるのを機に、正岡子規に少しでも迫り、子規と同時に日本の四季を追う、という考えで書いています。

 夏の甲子園の期間は、高校野球の話ばかりになりました。

 しかし、夏の甲子園も日本の夏の風物詩ですから。

 正岡子規と野球にも密接な関係がありますから。

 パソコンの不具合などもあり、ブログの更新はなかなか順調にいきませんが、ぼちぼちでも続けていきます。

 老いて尚(なお)君を宗(むね)とす子規忌かな(高浜虚子)

 「尚(なお)」は「やはり」、「宗(むね)」は、「第一に大切なもの」というような意味です。

 残暑のこと、台風のこと、インフルエンザのこと、選挙のこと、野球のこと。

 四季の移り変わりを感じさせるものは、たくさんありますね。

 そういうものに、季節を感じるかどうかという問題がありますが。

(参考:稲畑汀子『大きな活字のホトトギス新歳時記』三省堂)

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください。

「子規と四季」トップページへ

posted by 青山登 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

子規 幻の選句集 発見

 正岡子規の幻の選句集「なじみ集」が発見されました。

 7月3日の朝刊は、どの新聞も(全部見たわけではありませんが)、1面にこのニュースを取り上げていました。

 「なじみ集」は、子規自身の句のみならず、夏目漱石や高浜虚子の俳句を集めて編まれた、子規自筆の選句集です。

 これまでその存在は知られていたものの、現物は確認されておらず「幻の書」と言われていました。

 寒山拾得賛(かんざんじっとくさん)
 しにゝ行くためにめしくふこじき哉(かな)(子規)


 この句が新しく見つかったようです。

 寒山拾得は中国の隠者の名前で、森鴎外に「寒山拾得」という作品があります。

 朝日新聞には、大阪成蹊短大名誉教授、和田克司さんの「<なじみ>の顔ぶれが誰なのか、子規の周辺の人との結びつきもこれで明らかになる」という言葉が紹介されていました。

 どこにあったのかは朝日新聞の記事には書いてありませんでした。

 3日から東京で開かれる古本市「明治古典会七夕古書大入札会」に出品され、入札最低価格が2000万円だということは書いてありました。

 NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」が放映される年に発見されるなんて、いいタイミングですね。

 「このタイミングなら高く売れる」という計算があるのかもしれませんね。

(参考:朝日新聞2009年7月3日朝刊)

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください。

「子規と四季」トップページへ

posted by 青山登 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

ビワの季節

 枇杷(ビワ)の季節になりました。

 ビワといえば、長崎の茂木枇杷(もぎビワ)が昔から有名で、長崎県はビワの生産量がずっと日本一です。

 ビワの種類なんて考えたこともありませんでしたが、実は先の「茂木」以外にも、早生品種の代表格「長崎早生」、白い果肉の「白茂木」、果肉の大きい「福原早生(長崎甘香)」、新品種の「涼風」「陽玉」など、いくつも品種があります。

 『ホトトギス 新歳時記』(稲畑汀子編、三省堂)によれば、枇杷は6月の季語です。

 高浜虚子の次の句が載っています。

 ハンケチに雫(しずく)をうけて枇杷すゝる(高浜虚子)

 さわやかでみずみずしい枇杷の感じが、伝わってきますね。

『子規句集』(高浜虚子編、岩波文庫)の索引を見てみても、「枇杷」の句はありません。「琵琶」の句が3句あるのみです。

 柿好きの子規は、枇杷も喜んで食べたのでしょうか。

 流通の発達していなかった明治のこと、簡単には手に入らなかったでしょうか。



6月末まで販売!ジュワッと口いっぱいに美味しいびわの果汁が溢れる♪【NPO無肥研認定】そのま...



わずかな期間のみの販売です!みずみずしい甘みとわずかな酸味が魅力的◆野菜ソムリエ厳選◆和...



房州びわ(枇杷)化粧箱 12玉入 2Lサイズ【千葉県産】

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください。

「子規と四季」トップページへ


posted by 青山登 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

2か月以上あいてしまった

 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の撮影順調、という番組もありました。

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)も原ジャパンの優勝で終わりました。

 前回の記事投稿から2カ月以上もあいてしまいました。

 「イチローも ダルビッシュでも 外せない 世間が何と 言おうとも(登)」と、前回書きましたが、やはりそうでした。イチロー選手は、決して好調ではありませんでしたが、最後のおいしいところをきちんとさらっていきました。

 原監督も、ほっと胸をなでおろしたことでしょう。

 しかし、今更この話題は古いですね。

 子規の句に手を加えて、などと難しいことをしているために、苦しくなりました。

 まあ、ぼちぼちやっていきます。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしてください。

(子規と四季トップページへ)
posted by 青山登 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする